リハビリで、人生をよりハッピーに

認知症検査MMSE やり方や解釈の仕方、長谷川式との違いについて解説!

2018/11/03
 







この記事を書いている人 - WRITER -
よろずや
作業療法士という医療系の国家資格を持ち、病院で働いています。 現在臨床5年目です。 「作業をすることで元気になれる」をモットーに、リハビリの事や、生活行為について書いています。

こんにちは、作業療法士のよろずやOTです。

少子高齢化で認知症患者が増える昨今、簡便な認知症検査の需要は高まる一方だと思われます。

そこで今回は、医療、介護系の職種にとって最もメジャーな認知症検査であるMMSEについてまとめました。

 

MMSEとは

MMSEの概要

MMSE(Mini Mental State Examination)とは、1975年にFolstein夫妻に開発された、精神状態短時間検査です。

測定にかかる時間は5-10分程度であり、簡便に行えます。

認知症の発見や、特定の時点での認知症の重症度の測定、一人の患者の認知機能の変化の追跡など幅広い場面で利用されています。

MMSEは11のカテゴリーで構成されています。それは、時の見当識、場所の見当識、記名、注意と計算、再生、呼称、復唱、理解、読字、書字、描画です。

 

カットオフ

30点満点であり、23点以下を”認知症の疑いあり”としています。「23点以下になると即認知症」というわけではなく、あくまでも疑いありです。

また、重症度の分類として、正常な認知機能を27~30点、軽度認知症:21~26点、中程度認知症:11~20点、重度認知症:0~10点としています。

これもあくまで目安です。

そもそもMMSEの得点はどこで間違えたかによっても意味合いは大きく異なります。23点は研究的には信頼性のある数字だそうですが、目の前の患者を評価する視点においては、参考程度にとどめておく方がスマートかと思われます。

 

MMSEの方法

MMSEの検査内容についてですが、著作権云々が怖いので、簡単な項目のみ挙げさせていただきます。

各項目の注意点を中心に今回は書いていきます。

 

時の見当識

「今年は何年ですか」

「今の季節はなんですか」

「今日は何日ですか」

「今日は何月ですか」

「何曜日ですか」

の5つの質問からなり、合計5点です。

ポイント▼

・「今日は何日か」で、月や曜日について一緒に答えた場合は、それらの項目に関しては飛ばしてしまって構いません。

・季節に関しては、春夏秋冬のみでなく、梅雨や初夏といった季節を表す言葉もOKです。

 

場所の見当識

「ここは何県ですか」

「ここは何市ですか」

「ここは何地方ですか」

「ここはどこですか」

「ここは何階ですか」

場所に関する見当識です。合計5点です。

ポイント▼

・ここでも一つの質問に複数の回答が得られれば、その質問は省いていいものとしています。

・「ここはどこですか」という質問について、基本的に建物の名前が正解になります。もし出なければ、「今いるこの施設はどこですか」と質問を変えます。

・地方については、「関東地方」「県北」「中部」「北信越」など地方を表す表現で合っていれば、なんでもよいとされています。

・何階かについては、明らかに階数がわからなかった場合、普段いる部屋の階数でOKです。

 

記銘

「3つの単語を言うので言い終わったら繰り返していって下さい。さくら、ねこ、電車 2、3分後に聞くので覚えておいてください。」

各単語一点ずつの合計3点です。

ポイント▼

・各単語を読み上げる間はしっかり1秒あけるようにします。

・この設問での得点は最初の一回のみで採点されますが、のちの再生の項目で必要になりますので、覚えられなかった場合は5回まで繰り返します。(6回とする場合もありますが、5回の方が多く用いられています。)

 

注意と計算

「100から7を繰り返して引いていってください。わたしがやめというまで続けてください。」

5回まで繰り返し、合計5点です。

ポイント▼

・途中間違てしまっても、前の数字から七を引くことができていれば、その後も得点になります。例えば、93,85,78,70,63であれば、○、×、○、×、○ですので、3点となります。

この問題のミソは「前の数字を覚えていること」と「7を引き続ける」事を同時に行うことです。なので、詰まってしまったときに、前の数字を言ったり、「そこから7を引くと?」とヒントを与えてはいけません。詰まってしまったら、「それから?」とだけ言って次の回答を促すようにしましょう。

 

再生

「先程覚えてもらった3つの言葉をもう一度言ってみてください。」

一単語につき1点で合計3点です。

ポイント▼

・ヒントを言ってはいけません。覚えている範囲で回答するようにしましょう。

・順番は違っていてもOKです。

 

呼称

「これから物品を見せるのでその名前を言ってみてください。」 鉛筆、時計をそれぞれ見せる。

各1点の合計2点です。

ポイント▼

・基本的には鉛筆と時計ですが、日常生活で使用するような物品(鍵、眼鏡、消しゴム等)であれば代用可能です。

・なるべくその場で使っていないものを取り出すことが望ましいです。(検査で使用しているペンだと、見ただけでではわからなくても使い方から正解してしまう可能性があるため)

・細かい間違えもしっかり判定します。鉛筆を出して「ボールペン。」は×です。

 

復唱

「私がこれから言うことを繰り返して言ってもらいたいです。よろしいですか?」

「みんなで力を合わせて綱を引きます」

「はい、言ってみてください。」

1点満点です。

ポイント▼

・一回だけの結果で採点します。また、「みんなで、力を合わせて、」と切りすぎないように読みます。

 

理解

A5サイズ(A4の半分)程度の白い紙を被検者の前に置き、「これからあることをしてもらいたいので聞いてください。」

「右手に紙を持って」「それを半分におって」「机の上においてください」

各動作1点ずつの合計3点です。

ポイント▼

・右手は麻痺等あれば左でも可です。

・半分は厳密に真っ二つでなくてもいいですが、2回以上折るのはNGです。

・動作ごとに指示をするのではなく、すべて一度に読み上げます。

・机が無かったり身体的な制約がある場合は、「机の上」→「床の上」や「私に渡して下さい」でもいいです。

 

読字

「これを読んで書いてあることをやってください。」

《目を閉じてください》と書いてある検査用紙を見せる。

合計1点です。

ポイント▼

・まずは、この文字が読めるか確認してから行うとスムーズです。

・実際に目を閉じることができればOKです。

・もし視力が悪くて読めない場合は拡大コピーしたものを使用することもあります。

 

書字

「何でも良いので文章を書いてください。」

合計1点です。

ポイント▼

・検査用紙に書く際は、上下の問題が見えないよう折ったりして隠してください。

・身体制約により、字が書けない場合は、口頭で回答してもらっても結構です。その際はそのように検査用紙に明記します。

・反応がなければ「天気について書いてください」と、声をかけていいとする本もありますが、何のアドバイスもしてはいけないとしている場合が多いです。

・文章になっている事がポイントになります。主語がなくても述語があり意味が分かれば正答とします。名詞のみは誤答です。「今日はいい天気です。」はOK。「いい天気です」はOK。「天気」だけはダメ。

・誤字脱字、文法は間違っていてもOKです。「今日いい天気」はOK。

 

描画

五角形が重なりあった図形を提示しながら、「この図をこのまま描いてみてください。」

合計1点。

ポイント▼

・五角形になっているか、と線が適切に、重なり合っているかが正答の条件です。

・線の震えや大きさは問題になりません。

・これは正式では無いかもしれませんが、書いている様子を見ることが大切です。間違ったとき、五角形として認識して書いていて線を引くときに間違えているのか、そもそも五角形が見えていないのかによって症状が違います。

・身体的制約がある方は、省略し理由を明記しておきます。

 

MMSEの解釈

MMSEはカットオフ値(23/30点満点)は存在しますが、合計の点数よりも重要なことがあります。それは、どの項目で減点され、それが生活にどう影響するのかということ。しっかり項目の要素を把握し、日常生活との関係を考えましょう。

 

時の見当識

これは今日はいつで季節はいつかわかる能力です。周りの状況や記憶の情報を総合的に解釈し、今がいつなのかを判断しています。これが障害されると、今は夏なのに冬と言ったり、8月なのに12月と言うようになります。今がいつかわからず、今自分が置かれている状況が理解できていない状態になります。そうなると、不安に繋がりBPSDの要因となります。日常生活では時間が分からなくなったり季節に合わせた服を選べなくなったりします。

場所の見当識

今自分がどこにいるかがわかる能力です。「時・場・人(ジバジン)」などといい、多くは時間の次に障害されやすい部分です。時間の見当識と同様に周りの情報や記憶から今自分がどこにいるのか判断していますが、これが障害されると自分がどこにいるかわからなくなります。日常生活での問題は道に迷って家に帰れなくなったり、さらに不安に繋がり精神状態に悪影響を与えます。

記銘

これは認知症で多くみられる記憶力の項目ですが、記憶の三段階(記銘、保持、再生)の記銘の部分に着目しています。記憶の大元のインプットの部分が障害されるので、その後の保持、再生は機能しません。日常生活では、いわゆる認知症でよくみられる症状が多くなります。例えば、ご飯を食べたことを忘れて怒ったり、財布をしまったことをわすれてしまったりです。BPSDやトラブル の原因になりやすいです。

注意と計算

これは計算の力を見るだけではなくて、「前の数字」と、「7を引くこと」を同時に行うことが重要です。これはワーキングメモリー(作業記憶)を必要とします。これが出来なくなると、一連の流れで行動することが難しくなります。行動をしている途中で何を目的にその行動をしていたのかを忘れてしまいます。日常生活では『お茶を入れて、ケーキを食べる』のような一連の行動が難しくなってきます。お茶を急須に入れ、お湯を注ぎ、湯呑についで、そこでケーキを、食べようと思っていた事を思い出し、ケーキの準備をする。お茶も入れていた事を再び思い出し、やっと食べられるわけです。より重度になると、お茶を入れる事であっても、お湯を沸かしている時点で何をしていたか分からなくなり、行動できなくなってしまうこともあります。また、この機能が低下していると2つの事を同時に行うことも困難となり、『会話をしながら料理をする』『テレビを見ながら掃除をする』といった時にも、一方に気を取られ過ぎると、もう一方の事を忘れてしまうことがあります。

再生

記憶の三段階(記銘、保持、再生)の中の最後の部分です。覚えてもらった言葉が出ないのか。覚えようとしたことさえ覚えていないのか。が一つポイントになります。後者であればエピソード自体を忘れているわけですから、症状としては基本的に重いと考えられます。日常生活では、前者であれば、人の名前や予定の忘れなどいわゆるど忘れが増えると思われます。後者では、朝ごはんを食べたことを忘れたり、財布をしまったことを忘れたりと、エピソード自体を忘れがちになるため、トラブルになる事が増えて来ることが予想されます。

呼称

これは、視覚的な認知課題です。どちらかと言うとアルツハイマーより、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症脳血管型認知症で引っかかることが多い検査です。視力は保たれているけど、目で見たものが認識できない、いわゆる視覚失認と言う状態になると間違えることがあります。また、その物品がなんだか分かっていても、言語的な障害があると、呼称することができません。これはいわゆる失語症状で、高次脳機能障害の一つになります。日常生活では、検査のように物の名前がわからなくなります。

復唱

一部記憶も入っていますが、言語的な課題です。言葉を文章として認識し、自分で繰り返せるかを見ています。言葉の理解にもかかわるので日常生活においては、会話が成り立ちにくくなり、言葉のキャッチボールが困難になります。

理解

言語理解と動作性の課題です。「耳で聞いて、理解して覚えてその通りに動く」複合的な課題です。やるべきことが増えるほど複雑な形になります。これが減点されていると、なかなか話が通じなくなります。たくさんの情報を一度に処理できなくなっている状況です。「トイレに行って、手を洗って、景色を見て帰りましょう。」こんな声かけでも、難しいこともあり、「トイレに行きましょう」で終わったら「手を洗いましょう」と一つづつクリアしてから次の指示に移ったほうが伝わりやすいことが多いです。

読字

字を読む能力です。こちらはどちらかと言うと、レビー小体型認知症や、前頭側頭型認知症など、視覚認知や、言語理解に障害があると減点されやすいです。日常生活では、指示入力において、視覚的な指示がわかりづらくなることが考えられます。例えば「ナースコールを押してください」が理解しづらかったりします。聴覚的か視覚的かを検討する際にも注意すべきポイントになります。

書字

言語、動作性の課題です。前頭葉の機能低下があると、発動性が低下し、自主的に行動することが困難になり、書き始められないことも多いです。手紙を書けなくなったり、自発的に話すことが少なくなります。

描画

空間認知の課題です。その形の意味は分からなくても、形自体が分かっていれば模写は可能なはずなので、これができないという事は形自体が認識できないということです。レビー小体型認知症や、後頭葉の脳卒中で障害されることが多く、これが減点されると、道に迷ったり、字の認識ができなくなったりします。

長谷川式スケール(HDS-R)との違いについて

MMSEと似ている認知症検査の一つに、HDS-Rという検査があります。HDS-Rは、精神科医の長谷川和夫氏が開発した認知症の検査です。我が国における簡易認知症検査の中では一番の歴史があります。年齢、日時の見当識、場所の見当識、記銘、計算、数字の逆唱、再生、物品記銘、言語の流暢性の9項目からなり、30点満点で20点以下は認知症の疑いが高いとされています。重症度分類としては、20点以上で軽度、11~19点の場合は中等度、5~10点で高度、4点以下は非常に高度となります。

 

ポイント▼

HDS-Rの方が記憶の課題が多く、よりアルツハイマー型認知症に特化した検査と言えます。逆にMMSEは言語性の課題や空間認知動作性の課題を含んでおり、脳卒中による高次脳機能障害や、他のタイプの認知症など幅広く評価をすることができます。

 

まとめ

MMSEの検査項目についての解釈についてまとめてみました。

MMSEは非常に簡便な検査で、多くの施設や病院で実施されているかと思います。MMSEに限らずどんな検査でも同じだと思いますが、「その検査の結果によって日常生活にどんな影響があるのか」「ではどのように対応していけばいいのか」というところまで考える必要があり、それによって素早く、適切な対応が可能になるということを忘れずに検査を行っていければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村


作業療法ランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
よろずや
作業療法士という医療系の国家資格を持ち、病院で働いています。 現在臨床5年目です。 「作業をすることで元気になれる」をモットーに、リハビリの事や、生活行為について書いています。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© よろずやOT , 2018 All Rights Reserved.